全国大会への道

近年、岡山大学は、「全国地区対抗大学ラグビー大会」を目標とし、練習や試合に励んできた。その成果が実り、平成19年「第57回全国地区対抗大学ラグビー大会」に初めて進出した。しかし、その年に環太平洋大学(IPU)が設立され、それ以来「全国地区対抗大学ラグビー大会」への道は、閉ざされてきた。従来の予選システムでは、岡山大学は、IPUに勝たなければ、中国地区予選に進むことができず、全国への道が遠かった。
しかし、平成23年度より以下のように予選システムが大きく変わり、岡山大学にとっては、大きなチャンスが訪れた。
*新システム*
「中国大学AリーグとBトーナメントに分かれて開催され、Aリーグの1位、2位が中四国トーナメントへ進出することになった。初年度である平成23年度は岡山、広島、山口県の各1位チームによるAリーグ構成で行われ、平成24年度からは、平成23年度Bトーナメント1位チームが所属する県の予選(Aリーグ所属チームを除いた予選)1位チームがAリーグに加わり、Aリーグは4チームで構成される。なお、平成24年度以降は、Aリーグ4位とBトーナメント1位の入替戦が予定されている。」

昨年度は、以下の図のように予選が行われた。岡山大学は、Bトーナメントで見事優勝し、岡山県がAリーグに2チーム参加する権利を得た。昨年度の岡山県予選の参加校は、岡山大学とIPUの2校のみなので、おそらく岡山大学がAリーグに所属し、IPU・徳山大学・広島大学・岡山大学の4校で中四国大会の2枠を争うことになるだろう。

平成23年度 
大学選手権・地区対抗中国予選
<中国大学Aリーグ>

Aリーグ 環太大 徳山大 広島大 順位
環太平洋大 --- 72○10 102○0 1位
徳山大 10●72 --- 26○7 2位
広島大 0●102 7●26 --- 3位

1位、2位が中四国大会進出

<中国大学Bトーナメント>



B1位の岡山県は翌年、県予選1位チーム(環太除く)がAリーグ自動昇格

平成24年度 
大学選手権・地区対抗中国予選
<中国大学Aリーグ>


Aリーグ 環太大 徳山大 広島大 岡山大学  順位
環太平洋大 ---
徳山大 ---
広島大 ---
岡山大学 ---

1位、2位が中四国大会進出


昨年度の中四国大会の結果は、以下のとおりである。

平成23年度 全国大学選手権兼全国地区対抗大学大会
中国四国地区代表決定トーナメント




会場  環太平洋大G(岡山県岡山市)
スカイフィールド富郷(愛媛県四国中央市)

優勝チーム→大学選手権中国四国地区代表
2位チーム→地区対抗中国四国地区代表

このシステムの変更により、岡山大学が目指していた「全国地区対抗大学ラグビー大会」へ大きく近づいた。しかし、そこを目指していては、今まで負け続けてきたIPUに勝利することは出来ないと私たちは考えている。そこで、米倉主将率いる新チームは、中国リーグを1位突破し、中四国大会でも1位突破し、「大学選手権東海北陸中国四国代表決定戦」に出場することを目標とし、練習・試合に励んでいきたい。
将来的には、全国大学選手権を本気で狙うことのできるチームにしていきたい。そのためにも岡山大学ラグビー部がまだ1度も成し遂げたことのない「大学選手権東海北陸中国四国代表決定戦」出場を達成することで、岡山大学に新たな歴史を刻みたいと思う。
みなさま、応援よろしくお願いします。