業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

外構工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月08日 [FAQ]

エクステリア工事はハウスメーカーに頼んで大丈夫?

家を新築するために自分なりにいろいろな勉強をして、エクステリアには前から凝りたかったし、外構部分は専門業者に分離発注した方が安いと聞いたので、ハウスメーカーに家の建築を任せることに決めた際にもそのことを伝えました。
しかしいろいろな業者から見積りを取ると、何とその金額をハウスメーカーの営業担当に伝えていたこともあるかもしれませんが、念の為に提出してもらった見積金額がどこよりも安かったのでかなり意外で、デザイン性では専門業者に劣るけれども、要望はしっかり聞いてくれて、プランの変更にも対応してもらえるというので悩んでいます。
てっきりハウスメーカーは下請け業者を使うから、中間マージンが発生して金額も高くなるのだと思っていましたが、どうしてどこよりも安いということが起こったのでしょうか?
専門家の意見を聞いてから依頼先を決めたいと思うので、良きアドバイスをよろしくお願いいたします。


回答

場合によっては依頼しない方がいいでしょう。


ご指摘の通りに、ハウスメーカーにエクステリア工事を任せた場合は、他の工事同様下請け業者に施工をさせて、高額な中間マージンを徴収するため、請負業者に直接依頼した方が安く工事をすることができます。
しかし、今回のように他社の見積金額を事前に把握していた場合は、利幅を低くして金額を調整してくるので、見積金額が安くなるのは当然です。
もちろん赤字では工事はしないし、利益はしっかり確保します。
この場合はハウスメーカーにエクステリア工事を任せても大丈夫ですが、問題は見積金額を低くするために、製造原価を下げようとするケースです。
実は外構工事を行う職人には特別な資格が必要ないため、安く工事を請け負ってくれる業者を見つけることで、原価を下げることができます。
例えば経験が浅い駆け出しの職人や、自分たちでは仕事が取れなく業者だと、安く工事を引き受けてくれます。
この場合は工事の品質や、使用する材料の質も落とされることもあるので注意が必要で、安くて本当に良いものはないと認識した方がいいでしょう。
一概にハウスメーカーにエクステリア工事を任せてはいけないとは言えませんが、外構工事は高級車が一台買えるほどの費用がかかりますので、ハウスメーカーが提出してきた見積書を他の業者や専門家に診てもらって、怪しい部分がないかきちんと確認することをおすすめします。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク