業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

外構工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

庭の造園依頼どこへすればいいか教えてください。

祖父母が住んでいた一戸建ての家は広い庭があります。祖父が亡くなった後、祖母は介護施設に入り、しばらくの間誰も住んでおらず、庭の手入れも全くしていませんでした。この度、私たち家族がその家に引っ越すことになり、庭を元のようにしたいと思っています。そこで造園を依頼できる人、もしくは業者さんを探したいのですが、どのように探せばよいでしょうか?
昔居たような植木屋さんや庭師さんは今もいらっしゃるのでしょうか?アドバイス頂けると嬉しいです。

回答

庭造りを専門にする会社を見つけましょう


日本には遡ること約1200年以前から庭師と言う仕事が存在しています。近年、庭師を含む造園業界は、土木・建築業界に押され気味で仕事自体が減っているのが現状です。住まいの変化も影響しているでしょう。庭はただ生えているだけでは庭木、植木とは言いません。美観を維持するために季節ごとにしっかりした管理が必要です。月ごとに微妙な調整が必要となる庭師の仕事は一般的な植物の知識に加え、豊富な経験が必要です。一部には昔ながらの高慢気質な職人も残っているため、「職人の仕事」とイメージする人も多いでしょう。それでは庭造りは庭師だけが行うのかと言うと、違います。例えば、「植木屋さん」は樹木や草花を豊富に持っており、それを植樹するところまでを請け負うのが基本です。その後の管理や剪定が必要となる木を入れて植栽したい場合にも必須です。
一方、「造園屋」と呼ばれる業者の中で○○造園土木という会社名である場合は、公園や道路、河川敷、学校やマンションなどの大きな施設などの公共事業が大半と言う会社が多い傾向です。庭を施工する造園屋もありますので、専門性を確認しましょう。
他に庭造りを依頼できるのは、庭を含む外構工事全般の施工を専門とする会社です。エクステリアという呼び方も多くなりました。植栽や芝生の貼替え、剪定や伐採なども依頼が可能です。営業面やお客様との対応は会社が執り行い、実務の造園は庭師へ依頼するといったケースも多くみられます。良い庭師が直接見つけられればコストが安くなることがありますが、客との対応に慣れていない職人さんは敷居が高いと言う場合は、このような会社に依頼するとよいでしょう。
1本からでも剪定を引き受けてくれるか、見積もりの内訳が明確で、不明な点がないか、追加料金は発生しないか、有資格者がいて知識が豊富であるか、など率直に質問して対応のスマートな会社を探しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク