業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

外構工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月12日 [FAQ]

エクステリアの中で玄関アプローチにはどんな機能がありますか?

私の家には門をくぐって玄関に至るまでに道があるのですが、特に何も考えずにデザインしてもらったので、生活をしていて不満を感じることがたくさんあり、エクステリアの工事として玄関アプローチをもっと快適な場所にしたいと思っています。
そこで知りたいのですが、玄関アプローチを工事する際にはどのような機能を持たせることができるのか教えてください。

回答

バリアフリーやプライバシー、防犯といった機能を高められます


玄関アプローチにはさまざまな機能が存在しており、外構工事を依頼することによってその機能を高めることができ、それによって玄関アプローチに対する不満点を解消することができるでしょう。
実際に玄関アプローチのリフォームをする際によくある工事としてバリアフリー化があり、高齢者の住んでいる住宅の場合には玄関にいたるまでの道が悪いと転んでしまう可能性があるため、段差をなくしてスロープにすることによって、たとえ車椅子でもスムーズに玄関へと向かうことができるような状態にすることができます。
玄関扉を開けたときにその様子が道路から見えてしまうような構造の家があるのですが、これはプライバシーという観点からはあまり望ましいものではなく、どうしても家の構造的に外から玄関が丸見えとなってしまう場合には、玄関アプローチの工事としてその部分に壁を設置することも可能です。
防犯性を高めるための工事をしたいというケースがあり、この場合はたとえば植え込みを使うというケースがあるのですが、これは逆に隠れる場所を作ることになってしまうため、そうではなくライトを設置して防犯対策をするという工事を行うことができます。
もし、玄関アプローチの水はけが悪くなっていると雨の日にはすぐに玄関が濡れてしまい、帰ってくるときに靴が濡れてしまうのですが、素材や勾配などを工夫することによって、玄関アプローチの水はけを高める工事を提案することも可能です。
雨の日の対策としては、たとえば玄関アプローチに屋根を設置するという工事も可能であり、車庫から玄関に至るまでの道すべてに屋根をつけることによって、どのような天候の日であっても快適に室内に入ることができるように工夫してもらうことができます。
玄関アプローチにはいろいろな素材が使われることがあり、たとえば雨の日に滑りにくくするためにタイルを設置するケースや、洋風の雰囲気にするためにレンガを配置する、天然の素材で高級感のある石材を設置するといった工事が行われることがあります。
このように玄関アプローチという場所だけでもさまざまな工事のパターンが存在しており、快適さを高めることができます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク