業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

外構工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月18日 [FAQ]

家を建て直すのですが、庭と外構についてはいつ相談すればよいですか?

親が持っていた戸建てを解体して家の建て替えを考えています。建て替え工事は地元の工務店さんに依頼したのですが、庭の部分と玄関アプローチ、駐車スペースなどは外構専門の業者さんにお願いしたいと考えています。まずは家の方が出来てからでないと業者さんもやりにくいかと思いますが、どの段階で相談すればよいでしょうか?庭は小さいのですが、元々樹木も植えてありました。ずっと放置した状態だったので全部枯れてしまったのですが、同じ位置に手入れのしやすい木を植えて昔の面影が感じられたらいいなと思っています。樹木のことは全く素人なので、管理の仕方や消毒などの対応など教えて頂ける造園に詳しい業者さんを探したいです。
また、外構工事は工事後もアフターフォローをしてもらえるのでしょうか?

回答

住宅の図面が出来上がった時点でのご相談がベストです


住宅と庭・外構が全て整うことでご自宅が完成します。外構=エクステリアと呼ばれる外構を専門とする業者はその分野のプロとしてあらゆる住宅の外構を手掛けおり、土地の状態や日照状態、ご相談者様がお手入れしやすいお庭の設計・施工、家の顔となる玄関口を作り上げます。無駄な導線のない駐車スペースや自転車置き場、物干しスペースなど、ご家庭に合わせた快適で機能的な空間を提案してくれます。
基本的には、住宅の設計段階からエクステリアの相談も始められることをおススメします。その方が全体のバランスが取れた理想的な住まいづくりができます。住宅の図面が出来上がった段階でエクステリアの業者と打ち合わせするとよいでしょう。施工内容にもよりますが、住宅完成の2か月くらい前に着工すれば住宅の完成に合わせて外構も完成できるといわれています。また、エクステリア専門業者は造園分野に長けているため、土との相性から最適な樹木を提案してくれます。お手入れしやすく、住宅に合ったイメージの樹木が届くでしょう。仮に植えたものが育たない、枯れてしまうというケースがあれば保証期間内においては無償で取り替えしてくれる業者もあります。メンテナンスに関しても丁寧に指導してくれることでしょう。お住いの地域によい業者があれば、何かあった時に駆けつけてもらいやすいため、心強いです。
台風の時や雨の多い時期などはダメージを受けやすいのが外構です。そんな時にも相談しやすい良い業者さんを選ぶとよいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク