業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

外構工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

大型ガレージ設置の注意点はありますか?

私の自宅には大きなスペースがあいていて、そこを有効活用するために大型のガレージを設置してみたいと考えており、そうすれば車を駐車できるだけではなく、ほかにもさまざまなものを保管しておくスペースとして活用できると考えています。
しかし、大型のガレージを設置することに失敗したくはないため、設置の際にどのような点に注意しておけばいいのか教えてください。

回答

目的に合った種類を選択して、税金や法律などにも注意しましょう


ガレージを設置するとさまざまなメリットを得ることができ、そこに車を保管して守ることができて、さらに室内と同じような空間として活用できる利点もあるため、設置してよかったと考えている人はたくさんいます。
ただし、ガレージといっても、さまざまな種類があって、大きく分けると独立ガレージとビルトインガレージがあり、ビルトインガレージとは住宅の1階部分をガレージにするというもので、どちらか目的に合ったものを選ぶとよいでしょう。
ガレージを設置する際には、目的がいろいろあって、単に車を駐車できるスペースさえあればいいという人もいれば、車以外のものを保管するためにも活用したいというケースもあり、どんな目的でガレージを設置したいのかよく考えることが大切です。
ガレージの素材にもこだわるべきで、主にスチール製と木製のものがあり、既成品であればほとんどがスチール製のものとなっていて、こちらは換気をしっかりと行わないと錆びやすいという特徴があるため注意しましょう。
木製の場合は温かみがあって、オリジナリティを出すことができるというメリットがあるのですが、メンテナンスに手間がかかってしまい、シロアリ対策などにも気を使う必要があります。
ガレージのシャッターにはオーバースライダー式と巻き上げ式の2種類があって、スムーズに開閉するのはオーバースライダー式ですがこちらはある程度の天井の高さが必要となります。
一方、巻き上げ式はシャッターを開閉する際に大きな音がしてしまうため、閑静な住宅街に住んでいる場合には設置した結果近所からクレームが寄せられる可能性があるため注意しましょう。
また、ガレージを設置するときには固定資産税の対象となってしまう可能性があって、税金が増えてしまうケースがあり、建ぺい率の問題もあって敷地面積によってはガレージを建てられないこともあります。
このようにガレージの設置は法律や税金の問題も関わってくるため、業者としっかりと打ち合わせをして最適なプランを考えましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク