業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

外構工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

外構工事で注意すべきポイントは?

結婚しても特に自分の家を持ちたいという気持ちはほとんどなくて、妻も何十年も住宅ローンを支払い続けることは結構苦痛になると思うので、今のままの家賃がそんなに高くないマンション暮らしで十分だと、これまでは夫婦の意見も一致していました。
しかし、子供ができると妻の考え方に徐々に変化が生まれてきて、私には理由は言ってくれませんが、きっとママ友たちの素敵なマイホームにいろいろお邪魔していることが、その原因だと思っています。
あれほどマイホームは必要ないと言っていた妻が、早めにローンを組めば、今とそんなに変わらない毎月の負担で家が持てると、積極的に家の新築を進めてきて、確かにそれほど負担が大きくならないなら、狭くて古いマンションよりも、広くて綺麗な一軒家に暮らした方がいいと私も洗脳されてきて、マイホーム建設に踏み切ることに決めました。
せっかく家を持つなら、失敗はしたくないと思い、私も周りのすでに家を持っている知り合いにいろいろアドバイスをしてもらっていると、外構には注意した方がいいという意見が多く、プロの意見を是非聞きたいと思い質問させてもらいました。
ズバリ、外構工事で注意すべきポイントを教えてください。


回答

たくさんの注意ポイントがあります。


外構工事に関する失敗で最も多いのは、駐車場の問題です。
車の台数は計算に入れていても、いざ車を駐車しようとしたら、狭くて入れにくかったという意見が、駐車場に関しては多いようです。
この点は、外構工事を手掛ける施工業者と事前に十分に話し合うことが必要となります。
所有している車や、今後買い替える車の大きさのことも考慮しましょう。
その他には、門扉や塀を取り付けないで後悔したという方が多いようです。
どうしても門扉や塀を設置すると、家全体の施工費用が高額になり、この部分で予算を削る方が多いです。
しかし門扉や塀は、防犯対策にもつながる大切な家の一部なので、防犯面も施工会社に相談して、予算内で収まるように対策してもらいましょう。
外構に水道を設けなくて後悔したという方も多いので、洗車や庭掃除やペットのことも考えて、水道はなるべく設置した方がいいでしょう。
その他にも、コンセントやセンサーライトや庭の広さなどで後悔する方が多く、家の中に洗濯物を干す場所がない、玄関までのアプローチが滑りやすい、段差をつけて後悔したという方も少なくないようです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク