業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

外構工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

造園業者の正しい選び方とは?

マイホームを建設にするにあたり、施工会社であるハウスメーカーにエクステリア工事も任せる予定で打ち合わせを進めていましたが、家のことは詳しかった担当者が、エクステリアに関しての知識が乏しいことが分かり、妻が庭にはこだわりたいと言っているので、悪いとは思いましたが、エクステリアに詳しい他のスタッフを呼んでもらいました。
しかし、どうやらエクステリアに関しては下請け業者に丸投げしていることが分かり、エクステリア工事だけは自分たちで別に発注するということで話がまとまりました。
妻は庭に植える植物にこだわりたいと言っているので、エクステリア工事全般に対応している造園業者を探しているのですが、業者選びのポイントを教えて欲しいので、どうぞよろしくお願いします。


回答

資格や対応や細かい配慮をしてくれることがポイントです。


まずは、造園業者と言われている中には、昔ながらの植木屋さんから、造園会社、エクステリア会社、ガーデニングデザイン会社など、いろいろなタイプに分かれるので、造園という名の付く会社に絞ることなく、広い視野で業者選びを行うことをおすすめします。
それぞれの会社の特徴をしっかり調べて、できるだけ多くの業者からプランと見積りを提出してもらうことをおすすめします。
業者選びを行う際に大事なのは、これまで手がけてきた工事実績です。
インターネットである程度各業者の実績は知ることができますが、カタログやパンフレットを無料で取寄せられる場合は、それを積極的に行い、実際に施工した現場を自分の目で確かめることもおすすめです。
造園業にはいろいろな資格もあって、その中には「造園施工管理技士」という国家資格もありますので、かならずしも資格がなければいけないということではありませんが、優良企業と判断する材料にはなりますので、いろいろな資格の有無も確認してみましょう。
業者の担当者との相性も、打合せと工事を進めて行く上では大切なことで、施主の希望を含めて話をきちんと聞いてくれて、それに合ったプランを図面などの目に見える形にして、きちんと提示してくれる業者と取引することをおすすめします。
細かな配慮や対応をしてくれる業者であれば、信用して任せることができます。
その他には、保証やアフターについても事前に確認して、工事が終われば後は何もしてくれないような業者は絶対に選ばないでください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク